「ブーメラン」のネットスラングの意味を英語で

目次

「ブーメラン」のネットスラングの意味

ブーメランは投げた後に自分の元へと戻ってくることから、比喩的に「他人を批判した事と全く同じことを自分がする」という意味で使われます。例えば、「野党に特大ブーメランが直撃!」のように使い、意味は「(与党に対して)批判している事と全く同じことを野党が行う(行っていた)」という意味です。これと意味が近い表現には「どの口が言う」とか「お前がいうな(おまいう)」等があり、とても皮肉的な表現です。

「ブーメラン」の英語表現

ブーメラン」のようにカジュアルなスラング表現は英語にはありませんが、同じ概念を表す英単語やイディオムはあるので紹介します。

hypocritical

hypocritical は「自身の考えや言動と矛盾する」という意味の形容詞で、例えば “a hypocritical person” (自己矛盾した人)や  “hypoctitical critisism” (ブーメラン批判)等と表せます。ちなみに、hypocritical の意味を日本語でググると「偽善的な」という意味が多くヒットしますが、「自己矛盾した」という意味でもかなり頻繁に使われます。例えば、Merriam-Wbster 辞書ではhypocritical の 意味の一つを “being a person who acts in contradiction to his or her stated beliefs or feelings”(「自分が言った信念または感情と矛盾する行動をとる様」)と定義しています。

なお、hypocritical の 派生語に “hypocrisy” と “hypoctite” という名詞があり、それぞれ「矛盾した行動、偽善的行為」と「矛盾した行動を取る人、偽善者」を意味します。

self-contrdictory

「自己矛盾した」という意味の単語で、名詞形は “self-contradiction”。動物保護のためにベジタリアンとなった人が毛皮のコートを着ていれば、それは self-contradictry と言えます。ブーメランとは若干意味が異なりますが、関連用語として紹介しました。

the pot calling the kettle black

“pot, kettle, black” と略されることもあります。直訳すると「ポットがヤカンを黒いと呼ぶ」という意味で「自分のことを棚に上げて他人を批判する」を意味するイディオムです。ススで黒くなったポットが同じく黒くなったヤカンを「お前は黒く汚れているな!」と馬鹿にする様子が語源の一説だそうです。「五十歩百歩」や「目糞鼻糞を笑う」と訳されることも多いです。

A: He is such a liar. (彼はなんて嘘つきなんだ)
B: That’s the pot calling the kettle black (見事なブーメラン/人のこと言えるのかよ/そりゃ目糞鼻糞を笑うだな)

Look who’s talking

直訳すると「誰が話しているかを見て」という意味で、「いや、お前が言うな!」という場面で嫌味として使われます。自分のことを棚に上げた発言を受けて「見事なブーメラン!」と言うときは英語で “Look who’s talking!” と訳すことができます。

You’re (the) one to talk

You’re the one to talk は直訳すると「(ある話題について)話すのはお前だよな」で、皮肉的に「お前がいうな」という意味になります。誰かが自分にも当てはまることで他人を批判している時 (ブーメラン発言をしている時)等に主に使います。ちなみに、one の前にthe がつかない時や、 one の前に fine が置かれることもあります。

一方、自分で “I’m not the one to talk, but …” と否定形で謙虚な感じで言えば、「自分が話すべきじゃないけど、人のこと言えないけど」という意味になります。

参考:「人のこと言えないけど・どの口が言う」を英語で

あわせて読みたい
人のこと言えないけど・どの口が言う 【英訳】 I'm not one to talk, but; It may sound like the pot calling the kettle black, but 【解説】 be one to talk または be a fine one to talk で、「(他人の...
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次