「開き直る」の2つの意味と英訳

もし急に「開き直るを英語で訳せ」と言われたら、どのような英単語が頭に思い浮かぶでしょうか。実は、「開き直る」って意外と英語に訳しにくい単語なのです。そこで、この記事では「開き直る」の意味について改めて日本語で考え、それを英訳することを試みます。

目次

「開き直る」の2つの意味と英訳

実は、「開き直る」には大きく分けると以下の2つの用法があります。

「相手の批判をぶっきらぼうに認めた上で、ふてぶてしい態度に出る」

一つ目の意味は「あぁ、どうせ俺がわりーよ」のような、「相手の批判をぶっきらぼうに認めた上で、ふてぶてしい態度に出る」というネガティブなものです。この場合の「開き直る」に近い単語としては、「逆ギレ」とか「居直る」等があります。このような態度を英語で記述する場合、以下のような単語が使えます。

  • double down(自分の意見を更に強く主張する、リスクが大きいことを頑なに続ける)
  • be defiant (反抗的な)
  • be unrepentant (後悔・反省していない)
  • be shameless (恥知らずな) 。

*double down は元々、ギャンブルで2倍 (double) ベットする、という意味です。

ただし、どれも「開き直る」の意味を完全に言い表しているとは言い難いです。なので、もし英語話者に「開き直る」の意味を詳しく説明したいのであれば、以下のように文で言い表す必要があります。

‘You will be criticised for doing 開き直る if you admit your mistakes while defiantly showing an unrepentant attitude, saying like ‘Yeah that’s my fault, but so what’?
「もし、『あぁそれは俺のせいだよ、だから何?』等のようなことを言い、反抗的で反省の色を見せない態度で自分のミスを認めたとしたら、『開き直っている』と批判されることになります」

「悪い状況であることを受け入れ、気持ちを切り替える」

一方で、プロ野球のピッチャーが「今日は変化球の調子があまり良くなかったので、開き直って直球主体で攻めて投げました」と試合後にコメントするのは、「悪い状況であることを受け入れ、気持ちを切り替える」というポジティブな意味になります。この場合は「覚悟を決める」や「(仕方がないと)諦める」という表現が近いでしょう。そのような意味の英語表現には、以下のものがあります。

  • stay positive (前向きでいる)
  • suck it up (不満を垂れずに困難を受け入れる アメリカ英語の俗語)
  • be unflinching (ひるまない、尻込みしない)
  • be fearless (恐れない)
  • to stop worrying about … (…について心配するのをやめる)
  • accept that you have no control over a bad situation (悪い状況を自分ではコントロール出来ないことを受け入れる)

どちらの意味とも取れる場合

ところで、「別に嫌われてもいいやと開き直るという場合の「開き直る」は、ボジティブとネガティブのどちらの意味になるでしょうか。見方によっては、「どうせ俺は嫌われ者だし」と居直る姿勢とも捉えられますし、「多少嫌われるのは仕方ないから、あまり気にしないようにしよう」という前向きな姿勢にも捉えられます。このように、普段は何気無く使っている言葉ですが意外と複雑な意味を持っているため、英訳する際は文脈上どういう意味で使われているかについてまずは考える必要があります。

関連記事

あわせて読みたい
「お茶を濁す」の二つの意味と英訳 【「お茶を濁す」の二つの意味】 「お茶を濁す」は大まかには「その場しのぎの対応で誤魔化す」という意味ですが、さらに細かく見ると2つの意味に分類できます。 1. (...
PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次